Celtic Woman の Ave Maria



もなんにも言えません。
多分このページに来られた方は、僕のメルマガや他のサイトをたどってこられたのでしょうからケルティック ウーマンに関してはある程度知識をお持ちですよね。

以下wikipediaからの引用です。

2004年9月15日、ケルティック・ウーマンはダブリン市内でPBSの公開番組収録を行った。プロデューサーのSharon Browne、Dave Kavanagh、ディレクターであり作曲家でもあるデヴィッド・ダウンズ(w:David Downes)によって、この番組は2005年3月にアメリカで放送され、それから数週間のうちに1stアルバム『Celtic Woman』がビルボード世界音楽チャート1位に輝いた。2006年7月22日には68週連続1位となり記録を更新、最終的に81週連続1位という記録を残した。ダブリン市内での収録映像はDVD化され、アルバムと同時発売された。

2ndアルバム「Celtic Woman: Christmas Celebration」(2006年10月3日発売)は世界音楽チャート2位を獲得した。

3rdアルバム発売前の2006年8月23日と24日、ミース州のスレイン城でヘイリー加入お披露目となるライヴを行い、PBSの番組として同年12月に放送された。3rdアルバム「Celtic Woman: A New Journey」は2007年1月30日にDVDと同時に発売され、世界音楽チャート1位を獲得した。

ここまで引用

ここでは珍しくソロヴォーカルで歌われているAve Mariaを紹介します。敬虔な祈りが心を打ちます。

Celtic Woman Ave Maria


無責任男 植木等


前回はベルベットヴォイスの大御所の紹介はしたものの、
タイトルの植木等はないじゃない!!とお叱りのメールを沢山頂きました。
そっかあ・・・・みんな結構期待してたんだ・・・
こりゃまた 失礼いたしましたっ!!

不安に思いながらも検索してみるとあるもんですわね。
1分ちょっとのものですが、これぞ植木節!

懐かしいねえとニヤニヤしてるだけじゃなく
今回は植木等の声の魅力に浸ってくださいな。

はいそれまでヨ

植木等は良い声だ 


うすうす感じていらっしゃる方も多いと思いますが、
かのクレージーキャッツのメインボーカル、植木等さんは実に良い声です。

低音の豊かな響きは、日本人離れしています。
俗に言うベルベットヴォイスです。

ベルベットヴォイスの元祖といえばペリー・コモでしょうか。
格調があり、包み込むような低音、ほどよいヴィブラート、高音部も甘く
ソフトに歌い上げます。

お年を召してからもこうです。

ペリーコモ


エルビス・プレスリーもその系統ではありますが、
ちょっと僕はビブラートの制御に難を感じています。

実はこの度、ある企画のレコーディングで「植木等風に歌ってよ」と
言われ、かなり困惑を致しました。

あらためて聴いてみると、実に色気のある声なのですねえ。
「はいそれまでヨ」なんて実になまめかしいイントロから始まります。

ううむ・・・・とうなってるばかりにはいかない・・・
なんとか歌ってみましたが、テスト盤を聴いてみると
僕の声質は、なんとも追いつかない。

植木さんの声はもっともっとギュッと詰まっている感じ。
ある程度、声質は生まれ持ってのものがあるのですよね。

あの脱力系でふくよかな響きがどうしても出ないのです。
でも、まあ一応できあがりました。

タイトルは「炭焼き音頭」
定年退職したら炭焼きになろうなんて言う、結構シュールな内容。
どこかでお聴きになるかもしれません。

炭焼三太郎なる人物の作詞に敏トシさんが曲をつけました。
敏さんはダークダックスが歌った「花のメルヘン」の作詞作曲家。

ここのところ、団塊世代をテーマにさかんに活動をなさっています。
気に入ってくれたかなあ・・・僕の歌・・・・

ボチェッリのアヴェマリア


アヴェマリアという曲は、なぜか女性歌手によって歌われるか、コーラス
で聴かせるかというイメージを僕はもってしまいます。

でも男性でも歌っている筈ですよね。

このところ話題にしているカッチーニのアヴェマリアをこの歌手が歌って
いました。

アンドレア・ボチェッリ

caccini AVE MARIA
http://jp.youtube.com/watch?v=SqBJFDbE2ZI

僕の好きな歌手ではあるのですが、なんだか物足りない部分を感じます。
何度も聞いてみました。でも何か足りない。

彼の声にはきっとふさわしい曲なのですが・・・・

で、えらそうに、一言。

やはり男の声の重みがじゃまになって、なかなか天界に導かれる気分に
ならないのです。特に細かなフレーズ(メリスマっていっていいのかな)
が華麗なころがりを感じさせない。

「天下の大歌手を前にしてなんということを!」というお叱りは
あえて受けるとしても・・・どうしても、そう感じるのです。
フレーズ後半に加えられた高音部の張りは、彼らしい力強く輝きを
放っているのですが、それでもあえて、こんな感想をもちました。

じゃあお前歌ってみろよ・・・と言われても、
多分僕は歌えないだろうなあ。

言葉はAVE MARIAだけなのですが、
難しい曲だと思います。

敬虔な祈りは、やっぱり女性のものかなあ・・

本田美奈子 カッチーニ





本田美奈子が旅だったのは、我が息子の葬儀の翌日だったから今でも良く覚えています。

メディアは彼女の歌うアメイジング グレイスで溢れかえっていました。勿論それは彼女を追悼する一連の報道番組ではあったのですが、
僕としては、彼女が一緒に連れ添ってくれたことに、少し安心感を覚えた記憶があります。

現世での接点は勿論無かったのですが、それでも心強く思えた。
人間世界の無常、不条理に打ちひしがれていた僕の心には彼女の歌うアメイジング グレイスはとても力強い響きとして伝わってきました。

アメイジング・・・ばかりにスポットライトが当たっていますが、彼女も前回お伝えしたカッチーニのアヴェマリアを歌っていたのですね。

ご紹介しておきましょう。

本田美奈子 カッチーニ アヴェマリア

宗教曲として聴くと、ちょっと舌っ足らずの歌い方が気に入りませんが。

カッチーニ アヴェマリア 風景画として

このところカッチーニのこの曲ばかりを聴いている。


アヴェ・マリア (Ave Maria) は、ラテン語で直訳すると「こんにちは、マリア」または「おめでとう、マリア」を意味する言葉。転じて、この一文にはじまるキリスト教(特にローマ・カトリック)の聖母マリアへの祈祷を指す。この祈りは教会によって伝えられるが、典礼行為ではなく、私的な信心業として伝わるものである。

この祈祷のための教会音楽や、祈祷文を歌詞にした音楽作品なども意味し、例えばグレゴリオ聖歌の他、ジョスカン・デ・プレ、ビクトリア、グノー(J.S.バッハ《平均律クラヴィーア曲集第1巻》の前奏曲ハ長調を伴奏に借用)やロッシーニのものなど、枚挙にいとまが無い。また、アルカデルトやシューベルトのように、もともと世俗曲でありながら、後世に「アヴェ・マリア」として通用するようになった楽曲も存在する。(wikipedia より引用)


本来はこのような意味を持つようだが、僕は鎮魂の意味できいている。
天国はきっと、このような曲が流れている場所だと信じている。

二年前の10月29日に息子が天国に旅だった。
この曲を聴くと、無性に彼を思い出す。
彼が安らかに眠っている事を信じさせてくれる曲。

しばらくはこの曲を、色々な歌い手で紹介してみたい。

最初はEwa Iżykowska のソプラノで。
もう少し透明感がほしいと思いつつも、風景での描写に惹かれてご紹介。

カッチーニ アヴェマリアを風景画として













Dream Girls


娘がTutayaにレンタルビデオを返しにゆくのにつきあい、ついでにDream
Girlsをレンタルしてきました。

前々から気になっていたし、やっぱりアカデミー賞のお墨付きならば
みておかなきゃいけないでしょう。

23時くらいから見始めて、1時過ぎに終了。
期待を裏切らない、素敵な作品でした。


全編を貫いている「声」の魅力。


決してアメリカかぶれじゃないですけど、日本では絶対に映画作品です。
声とその人の人間性がマッチしているから、気持ちがいいんです。

声をとどけているんじゃなくて、人間そのものを声に乗せることができる
人種の典型が黒人なのかもしれません。

小太りのコーラスガールを演じたジェニファー・ハドソン。
そして、ダイアナロスと思われるリードボーカリストを演じたビヨンセ。

そしてシュープリームスであろう女声トリオのハーモニーの躍動感。

見事な作品でした。
今晩12時までには、まだ時間があるから、本日はもう家に帰って
もう一回みようかなと思っています。


まだご覧になっていない方へ、ちょっとだけサービス。
お馴染みyoutubeの動画へご案内。

本編のワンシーン
ジェニファー・ハドソンの名唱

ZARDの声の分析


声みがきメルマガでZARDの声の分析に関したことを書いていたら、
もう一度坂井泉水さんの声を聴きたくなった。

youtubeにこんな特集画像があったのでご紹介しますね。

http://jp.youtube.com/watch?v=OrNdsIyTWQE

CM特集かあ。
綺麗な娘さんだったなあ。

一昨年、旅だった僕の息子も大好きだったことを思い出した。
今頃、あいつのことだから照れながら、坂井泉水さんと握手なんかしてるんじゃないだろうかと思ったら、少し気が軽くなった。

二人の冥福を心より祈っています。

私事で申し訳ありませんでした。 合掌。

ZARD ごめんなさい





昨日配信した「声みがき」メルマガに記載したURLが間違っていました。せっかくZARDというキーワードにひかれて読んでやったのに
なんだ!とお叱りの言葉の嵐・・・・・

申し訳ありませんでした。

お詫びにもう一曲動画をおいておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=j4dyhwguAzg

坂井泉水さん・・・自然体の娘さんですね。

こんなOLさんがいるオフィスはきっと素敵でしょうね。

こんなコメントを見つけました。(yahoo ミュージックマガジンより)

ZARDの楽曲はどの曲も、いつ聴いても新鮮に響いてくる。それは、流行に左右されないサウンドや親しみのあるメロディーラインも大きな理由ではあるが、やはりバンドの中心となっていたボーカリスト坂井泉水の歌声が持つ優しさとぬくもり、そして透明感によるところが大きい。それに加えて、作詞家として生み出す歌詞が、年齢性別を問わず多くのリスナーに共感を与えたことも、ZARDの楽曲が広い層に愛されてきた理由だといえる。

合掌

さよなら ZARD 坂井泉水


昨日、一通の悲報に接し、身体の力がぬけてゆくような気がしました。

坂井泉水さんの事故死です。

http://wezard.net/

彼女の声には多くの人が癒しを感じていたはずです。

ひところあまりメディアには登場しなかった彼女でしたが、
その爽やかなルックスと彼女の声はピタリと一致して一編の詩のような
存在として僕は彼女を意識していました。

爽やかで、健康的でありながら彼女は主張をし続けていました。

この曲だって、歌い方によってはもっともっとエキセントリックになる
素材ですが、彼女の歌はあくまでも母性として包み込んでいくのです。


以下の二曲を映像とともに、心してお聴きください。

負けないで


永遠

さよなら 坂井泉水
ありがとうございました。 
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

五輪真弓の心の友


「あなたから苦しみを奪えたその時
私にも生きてゆく勇気が湧いてくる

あなたと出会うまでは孤独なさすらい人
その手のぬくもりを感じさせて・・・
愛はいつもララバイ 旅に疲れた時
ただ 心の友と 私を呼んで」


五輪真弓の歌う「心の友」という歌。
その歌を私に紹介してくださった方が本年1月13日急逝された。

この曲をインドネシアの少女たちが、張りのある声で気持ちをこめて
熱唱していたという場面を出張先のジャカルタでごらんになったそうだ。

彼女たちにとっては外国の曲であるから逐一の言葉の意味は
把握できてはいなかったのではないだろうかと、
その方は某誌に書いておられた。

しかし、「心の友」というタイトルや、そのおぼろげな内容が
インドネシアでのこの曲の大ヒットをささえたのではと、私も思う次第。


その方は、この曲からインスパイアーされた思いを
以下のように綴っておられた。

世界には大勢の仲間が様々な思いを抱えながら生きている。
国際化を目指す私たちは、相手が望むことと自分ができることを
正確に見定めた上で、まず最初に相手の希望を叶えてあげるよう行動をする
事が大切だ。そうすれば私たち自身の中に生きる勇気と満足感がわいてくるし、
心の友として尊敬される気高い日本人になることができるのだと思う
(以上 原文のまま)



グローバルな視点をもって、私たちの世代を励まそうとしていた高貴な魂が、またひとつ私のもとを去った。心より合掌。


「心の友」はこのようなサイトにも紹介されている名曲。

http://www.requestlyrics.com/read.php?1,438243,438243


これはプロモーションビデオの動画




こんな形でも歌われているらしい。現地歌手によるライブ映像


聴き比べてみてください。

あのカルメンマキって言っても、知らないかもしれないけど、僕は好きだったよ



掲示された書籍の中に、カルメンマキのことが書かれているようです。
彼女の神秘的な部分を扱っているのかなあ。


カルメンマキのことをメルマガに書きました。母の日に聴いた「時には母のない子のように」 この曲は1969年の大ヒット曲。

当時テレビでも、彼女の姿は何度もみていました。
売れっ子だったはずですけど
いつも彼女は寂しそうに思えました。

まあ、この曲を元気よく歌うわけにもいかなかったでしょうけどね。

彼女のイメージとこの曲はピタリとあって、僕は好きでした。
この曲も、カルメンマキも。

この曲を歌う彼女の画像を探したのですが、無し・・・・。



でもこんな元気な彼女に出会えました。
OZ時代はこんなふうになっていたのかあ。

カルメンマキ
http://www.youtube.com/watch?v=EEEeYYdL8Lk

持田香織の声



持田香織という名前は、若い人なら当たり前のように知ってるでしょうね。ELTのヴォーカル。その声が変わったというニュースが一時ネット上を賑わしました。


でもね僕の周りのシニア予備軍、シニア真っ盛りの方々にとっては全く縁のない話題。

まあ、一応僕は歌い手だから少しは知っている。もともとそんなに好きな部類の声じゃないけどそれでもちょっと心配。
youtubeで検索するとこんな画像がありました。
これは問題になった番組かどうかわからいけど・・これを見る限りは、おっつけ、声帯に障害がでるような歌い方ではある。

持田香織


持田香織ってこんな人(出典:wikipedia)

来歴

[編集] Every Little Thing以前
子役として数々のテレビCM、モデル雑誌で活躍。バトントワリング(高校でバトントワリング部に所属)の名手でもある。

その後、持田かおりの名で「週刊ヤングマガジン」誌上で公募されたアイドルグループ・黒BUTAオールスターズ(第2期)のメンバーとして芸能界入りし、テレビ東京『黒BUTA天国』に出演。同グループ名義でCDデビュー、後に1993年にシングル「もう一度」(テイチク) でソロデビューを果たすが、特にヒットすることもなく一旦芸能界を離れ、学業に専念する。なお、「もう一度」はブレイク後の1998年6月に再発されている。

HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMPでは子役時代に出演した第一家庭電器CMが放送された。また本人も稀にアイドル時代のことについて語る場合があり、このことについて特に隠そうとはしていない。 アイドル時代に松本人志にナンパされたと語ったこともある。


[編集] Every Little Thing発足後
当時東京都町田市にあったレコード輸入卸会社兼レコード制作会社エイベックス・ディー・ディーを訪ねた時に、エイベックスが経営する録音スタジオプライム・ディレクションの電話番をしながら音楽プロデューサーを志し音楽創作を続けていた五十嵐充を紹介された。そしてスタジオ勤務を終えた五十嵐充と、五十嵐の作詞、作曲、編曲、プログラムした曲に歌を入れ、デモテープをつくり続けた。

1996年に持田が高校を卒業したのを機に、五十嵐、五十嵐の大学の先輩であったギタリスト伊藤一朗とともに、バンドEvery Little Thingを結成し、「Feel My Heart」で8月7日にCDデビューした。

また、テレビCMにも多数出演しており、その多くはBGMにCMとタイアップしたELTの楽曲(詳細は当該項参照)が使用されている。さらに、2003年には『ミドリノヘイワ』というフォト・エッセイを本にして出版している。

2004年10月20日には、尊敬する井上陽水のプロデュース(「持田香織 produced by 井上陽水」名義)でシングル「いつのまにか少女は」(作詞・作曲:井上陽水)をリリースした。オリジナルは1973年3月の井上陽水「夢の中へ」のカップリング曲。「YOSUI TRIBUTE」にも収録されている。

2006年3月24日に発売された女優・タレントの綾瀬はるかのデビュー曲「ピリオド」の作詞(小林武史と共作)をしている。

2007年3月14日に発売された歌手・中島美嘉の『YES (中島美嘉)』と言うアルバムに収録されている『GOING BACK HOME』と言う曲の作詞をしている。

mamas&papas ホセ・フェリシアーノ

別にカリフォルニアが故郷なんて格好のいいこというわけじゃあないですよ。
でもこの歌を聴いていると、無性に帰巣本能が刺激されます。

ポップスミュージカル「カリフォルニア ドリーミン」への出演が決定しました。


チケットが販売開始。
さっそくお申し込みが相次いだ一週間でした。

やっぱり最終日4月8日の昼公演のご希望が多いですね。
もし、その日を予定なさっているようでしたら、お急ぎください。
全席指定ですので、完売になるともう何ともなりません。

作品概要や、ボクの役どころなどは下記サイトでご参照ください。
チケット申し込みフォームにもはいれます


カリフォルニアドリーミン



前回別のブログで「カリフォルニア ドリーミン」を、僕たちがあの頃聴いたMAMAS&PAPASの演奏でご紹介しましたが、ホセフェリシアーノの
映像もありましたのでご紹介。

ホセフェリシアーノのカリフォ

前回、見忘れた方はこちらでmamas&papasのものも楽しめます。

mamas & papas のカリフォ




あ、でも、今回のミュージカルは、もっと凄い!!
乞うご期待!

ここ


劇団鳥獣戯画 牧野俊浩のカリフォ

井上陽水にこみあげる団塊世代

僕が最近、気に入っているのが「とまどうペリカン」
陽水の歌です。

団塊世代が戸惑っているというわけじゃあないですけど・・・・。
カラオケで歌うと、なんだか、自分でもグッとこみあげるものがある。

あなたも一緒にこみあげてみませんか。
このサイトで。

とまどうペリカン

明けましておめでとうございます

2007年が明けました。
本年も何とぞ宜しくお願い申し上げます。




ますますコミュニケーション力が問われる時代になりそうですね。

音楽を通じて、みんなの心を結び合わせることを仕事にして
もう39年になります。

そう・・気がつくと、今年は還暦とかいうものになるんだそうです。
年甲斐も無く、あいかわらずバタバタする一年になるんだろうなあ。


そんな事も考えつつ、それでも前進します。

昨日12月31日付けで、インターネット講座を開講しました。

女性のためのコミュニケーション力を高める!声みがき術!




無料体験もできる部分がありますので、是非
年の初めにお訪ねください。

今年も皆さまの 声の健康 心の健康をお祈りいたしております。

八代亜紀 舟歌

最近ジョージアのBOSSというコーヒーで、トミー・リー・ジョーンズ
が泣いているの知ってますよね。

八代亜紀ファンの僕としては、「今頃わかったのかよ!」と言いたい所です。

でも、宇宙人を泣かすくらいだもん。
やっぱり八代亜紀の歌は凄いなあ。


アレぐらい出来上がった歌ですと、もう僕としては何にも言えません。
発声がいいとか悪いとかを通り越して、歌そのものがドレス着て存在して
いるようなものです。

雨の慕情もいいけれど、とどめは「舟歌」ですよね。


以前こんなメルマガを書いたことがありました。

舟歌
今から十数年前に小樽でこんな囲炉裏がある飲み屋を二軒ほど見つけました。
もう名前を忘れてしまったのですが、一軒は、この囲炉裏を囲んで、賑やか
に仲間とワイワイやるときに利用し、もう一軒は、隠れ家風に使いたくて、
あまり大人数には公開せず、せいぜい、しみじみ話せる友人と出かけるとい
うように使い分けていました。

舟歌が似合うのは、勿論、後者の店でした。
残念ながら「無口の女」のが経営していたわけではなかったのですが、こち
らが話しかけない限り、放っておいてくれる初老の店主の気配りが有難い店
でした。一人で暖簾をくぐり、囲炉裏の火の近くに差し込んで暖められた、
イカの形をした徳利に満たされた酒が出てくるまでは、所在無く煤けた壁や
天井を眺め、目の前に徳利が置かれたコトリという音で、一人だけの酒宴を
開始するのが、とても気に入っていました。贅沢な時の流れに思えました。

 このところ小樽には縁が無く、そのお店が今どうなっているのか知る由も
ありませんが、この舟歌を口ずさむ時、チロチロと燃えていたあの囲炉裏の
火や、そのお店があった横丁を吹きすぎる風の音を微かに思い出すのです。


動画がないかと探してみたらこんなのありました。

八代亜紀 舟歌

のだめカンタービレって

のだめカンタービレってご存知ですか。
今日からはじまったフジテレビのドラマなんです。

のだめ
だいぶ前に書いたメルマがすでに登場させていましたよ。

次回そのメルマガを検索しておきますけど、とりあえず本日が旬だから、
こんなサイトを紹介しておきますね。

のだめカンタービレ
http://classic.heartlogic.jp/

小椋佳

小椋佳の船旅という曲が話題になっています。
こんな投稿をされていた方がおられました。


船旅」は、NHK「ラジオ深夜便」の愛唱歌です。夜中にふとラジオから流れて来ると、思わず起きてしまいます。何て言えばいいんでしょう。「永遠の青年」といった、学究的で真摯な姿勢が、歌詞のひとつひとつに散りばめられています。小椋さんはNHKラジオのインタビューで「還暦になったのに、もういいんじゃないか、とは思えず、まだ足りない、と思う」と、その胸の内を明かしています。普通の人なら、銀行の支店長になって「シクラメンのかほり」が売れて、老いてなお、東大の大学院まで出たのだから、もう充分じゃないか、と思うところでしょうが、小椋さんは絶対にあきらめない。だからこそアルバムのタイトルが「未熟」の「晩鐘」なのではないかと。衰えを知らぬ歌声と知のきらめき……。

レビュアー:
田所稲造 (兵庫県尼崎市) -

早速僕もダウンロードしてみました。有料で200円。
じつは音楽の仕事をしているにもかかわらず、いや、そのせいかもしれないけれど、ネットからのダウンロードって始めて!ドキドキしながらやりました。


でもってワクワクしながら再生しました。
NNNN?んんんん?
唄が無い・・・・!?

慌てて、ヘッドフォンの具合をテストしたり、わけもなくボリュームをいじったりしたけれど、
唄は聞こえてきません。

よくよく表示をみると「船旅(ナレーション)」となっておりました。失敗!!
どうやら唄はまだ単品ではダウンロードできないみたい・・・・・・。


でも、小椋佳の生声で人生の船旅が語られていましたので、それはそれで貴重な体験。
ま、いいっか・・・・・。

ここから小椋佳関係はここからダウンロードできます。
船旅(ナレーション)もあります。気をつけて!!!
(試聴もできるみたい・・・気がつかなかった・・・僕は別のサイトから購入だった)

http://music.yahoo.co.jp/shop/c/10/upcy6181






小椋 佳(おぐら けい、本名: 神田 紘爾、1944年1月18日 - )は、歌手、作曲家、作詞家。
(出典:wikipedia)

東京都台東区上野出身。
東京都立上野高等学校、東京大学法学部卒業後、日本勧業銀行(後の第一勧業銀行、現: みずほ銀行)に入行。銀行マンとして1993年に退職するまで、証券部証券企画次長、浜松支店長などを歴任する傍らで音楽活動も行うという異色の経歴を歩む。


「さらば青春」、「俺たちの旅」など当初はフォークソングの作り手の一人とみられていたが、美空ひばりの「愛燦燦」、布施明の「シクラメンのかほり」、アニメーション『銀河英雄伝説』への楽曲提供(「光の橋を越えて」、「歓送の歌」)など他の歌手への作品提供も多い。

浜松支店勤務のときには地元の要請に応えて「やら舞歌」("やらまいか"とは遠江方言で"やってみよう"の意味)という音頭を作成し、この曲は浜松まつりなどのイベントで使われている。当時、地元企業(第一勧銀浜松支店の取引先と推定される)の曲を作っており、2005年にも菓子のCMソング「うなぎのじゅもん」を作っている。

現在は、薩摩琵琶などの伝統楽器とのコラボレーションや、子供たちによる舞台活動「アルゴミュージカル」、邦楽系の演奏家をも含む総合的歌唱舞台「歌綴り」なども手がけている。
情緒豊かな美しい詩に語りかけるような口調で歌い上げる小椋佳の作品は、多くの共感を呼んでいる。

小椋佳の名は、大学在学中に法律の勉強で福島に滞在中、周りの住民の姓のほとんどが「小椋」姓であったことにより命名したものである。


最後のくだりは、別の説もあったような気がしたなあ(違っていたらごめんなさい)
振られた初恋の人の姓が「おぐら」だったとか・・・・まあいいか。



ほぼ同時期に音楽で時代と向き合った陽水とは、静と動の対極をなしているようにも思えますが、
団塊世代にとっては、青春の甘酸っぱさを思い出させてくれる存在として、いつまでも忘れ得ないアーティストといえます。

井上陽水

お元気ですかあ・・のフレーズで有名になった陽水の日常の声。
本当に独特ですね。
完全に鼻にかけてる。

いや・・別に「威張ってるウウ」ってことじゃないですよ。
響きが鼻にかかっているということです。

妹がもっていたビデオを借りてきてじっくり観察。
1986年のものです。いまから20年前。
いい歌歌ってます。

惚れ惚れする高音域。
其の秘密は、彼の少ししゃくれ気味の下顎にありそうですね。
アップになるたびに、その秘訣がわかってきた。

これは僕なりに名づけた「短頭直入の法則」の変形。
自分で実験してみて納得。
何度も実験していたら、家内の教えている学習塾にきていた女の子が
「なんか唸っている人がいる・・」だって。

普通にハミングをしていて、少し顎を出し気味にするだけで響きが
鼻に抜けてゆくのが判る。

どっかでこの声使ってみよう!

「みなさんお元気ですかアア」





井上 陽水(いのうえ ようすい、1948年8月30日 - )は、日本のシンガーソングライター。

福岡県出身。本名は井上陽水と書いて「いのうえ あきみ」と読む。1970年代には吉田拓郎、かぐや姫と並んでフォークソングあるいはニューミュージックの中心人物だった。その後も1984年のアルバム『9.5カラット』が売り上げ100万枚、1999年のベストアルバム『GOLDEN BEST』は売り上げ200万枚を達成するなど、長いキャリアを通して高い人気を維持している。

フランスのミッシェル・ポルナレフに強い影響を受けており、ミッシェルを真似てモジャモジャの長いカーリーへアーをし、決してサングラスを取らないというスタイルを70年代は通していた。また、特徴の強い歌詞と歌い方でも知られている。1976年ごろまで、歌詞は繊細で切実な感情を素直に表現したものが多く、高く細い声を絞り出すようにして歌っていた。時代を下るにつれて、歌詞は言葉の響きを重視した一見ナンセンスなものになり、ねっとりとした独特の発音で甘く歌うようになった。

デビュー前からビートルズの熱狂的なファンである。コンサートやテレビ番組の中でしばしばビートルズの作品を歌うほか、ビートルズの影響は数多く指摘される。

2人目の妻である石川セリとの間に一男二女がいる。

(出典:wikipedia

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。