レターメン

レターメンを知ってますか?
「馬鹿にするな!」って怒られるかもしれませんね。

大好きなグループでした。
僕も当時二枚組みのLPを買いました。
「Lettermen」というグループ名も決して忘れないし、あの独特の甘い甘いハーモニーも耳から決して離れることがありません。

甘い甘いラブソングを歌わせたら、ダントツのグループ「レターメン」のハーモニーをたっぷりお楽しみくださいね。

・・・youtubeで検索をしたのですが、多くの動画はしっかりと管理されているようで、動画といっても、若き日のレコードジャケットや三人の写真が次々にスライドショーのように映されるものがほとんどなのですが、たまに、最近のいい年齢を重ねた彼らの姿もみることができます。このメドレー!!大好きでした。

聴いてください。

レターメン 
Going out of my head!!

PR さらば青春の日々
PR 声を変えれば人生が変わる

PR 社会を音楽化する研究会
タグ:レターメン

フィフス ディメンション

40年近くも前に好きだったこのグループ。
今聞き直しても元気をくれます。

そろそろ僕も5次元の存在を感じ始めているのかもしれません。

5th Dimension

リサ・ランドールという若き天才物理学者の提唱する新しい宇宙理論が、
今全米の注目を浴びています。

2006年1月11日号のNewsweekでは、
2006年世界のキーパーソンの一人に選ばれています。

彼女は実験によって素粒子を観察している過程で
突然実験空間から姿を消す素粒子を発見し、
その理論的解明に取り組んだ結果、
私たちが住み、知覚しているこの3次元世界と密接した形で、
時間、空間ともにひとつ次元の高い、5次元宇宙が存在しているのではないか
という理論に到達したのです。

なんだか、実像がみえなくなってきた最近の世の中、もうひとつ上の上の世界をのぞいてみたいと思うんです。


PR さらば青春の日々
PR 声を変えれば人生が変わる

PR 社会を音楽化する研究会

シュープリームス


Jenifer Hudson(ジェニファー・ハドソン)の名唱に関しては、
http://neruru.seesaa.net
に置いて置きましたが、やはり、Dream Girls のモデルになっている
シュープリームスの本物の画像がないかと探してみたくなりました。

ありましたねえ。

Stop! in the name of love
この画像でみるとダイアナロスってちょっと怖い感じだけど、
We are the world を歌っていたときのダイアナロスには惚れた。

でも、今回のDream Girlsでダイアナと思われるリードボーカリストを演じたビヨンセには、もっと惚れそう。


ともかくにも、こういうコーラス文化ってのには憧れるわけであります。そうじゃないですか、コーラス好きのご同輩!
ソリスト3名っていうレベルじゃないと、やっぱりハーモニーが躍動してこないんだよなあ・・・・日本の陣営には・・・やっぱりまだ見あたらないキャラですよねえ。
トリオこいさんずでも・・・ないしなああ。

このサイトでも、もう少しコーラスグループ熱を煽っていきますよ。
やっぱり、みんなに覚えておいてほしいグループがいっぱいあるんだもん。


PR さらば青春の日々
PR 声を変えれば人生が変わる

PR 社会を音楽化する研究会

ミルス ブラザーズ





ひょんなことから、mills Brothers の話になり、手持ちのレコードでStar dust をみんなで聴きました。

年齢的には、60歳代から83歳代という、まあシニア中のシニア。
いつもは終戦直後の歌謡曲が主なのですが、たまにはこんな曲も言いかと思い、鑑賞。

人間の声ってやっぱり素晴らしいです。

で、動画を探してみるといくつもいいのがありました。

今回はこんな画像はいかが。

いい顔してるよ、みんな。

Mills Brothers


PR さらば青春の日々
PR 声を変えれば人生が変わる

PR 社会を音楽化する研究会


ゴールデンゲイト クワルテット

GGQ=ゴールデン・ゲイト・クワルテット。
黒人霊歌=ニグロスピリチュアルの男性クワルテットでは草分け的な存在ですね。


大学時代に、クワルテットに誘われたときに、仲間から彼らの歌うこの曲のレコードを聴かされたときに、僕はぶっ飛んでしまいました。

世の中はすでにビートルズの時代。エレキギター全盛だったけど、僕個人としてはあまりそっち系には興味がなく、アコースティックな声の方に興味は傾いていました。

まあ、訳あって混声合唱団というクラブに所属してしまったことも一因ですけど。


それでも、彼らのハーモニーは、混声の優雅なハーモニーに慣れた耳には、実にスリリングに響きました。

本来ならば、メルマガ「つれづれ音楽生活のすすめ」との関わりで、
彼らの歌う「Sometime I feel like a motherless child」を映像でご紹介できれば一番いいんだけど、どうしても見つからなかったので、
その代わりに、いや!代わりといったって、これこそGGQというハーモニーを堪能していただきましょう。

ジェリコの戦い
圧巻ですぜい!


PR さらば青春の日々
PR 声を変えれば人生が変わる

PR 社会を音楽化する研究会

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。